冬の準備を始めましょう Vol.7

皆様こんにちは

バンテック北海道の松本です

最近は朝晩本当に寒いですよねlaugh

日が暮れるのもすっかり早くなってしまって

あっという間に気温が下がるので

いつ冬用のジャンバーに変えるか悩む毎日です

 

 

さて、長らく続けてきました冬の準備のお話ですが

今回が最終回です

 

 

最終回は

 

 

サブバッテリーと下回り  の

 

 

ご案内です

(内容は昨年の再掲載になります)

 

 

キャンピングカーの心臓部とも言えるサブバッテリーですが

使用状況によって寿命に差があります

特に近年ではキャンピングカーの進化とともに電気の使用量も増えておりますので

バッテリーの寿命も短くなる傾向にあるようです

 

 

バッテリーにとって一番良くないのは 残量をゼロ にすることです

 

 

ご旅行から戻られましたら、メインスイッチ、FFヒーター、

インバーター、ガス警報器の切り忘れが無いか

必ずお確かめください

 

 

バンテックの現行モデルの車両には

 

 

バッテリープロテクター という機械が取り付けられています

 

 

これは名前の通りバッテリーを守るために、電気を使いすぎて

残量が少なくなると、自動的に

 

 

それ以上電気を使えないように 制御してくれる機械です

 

 

もしかするとブログをご覧いただいている方の中にも

 

 

突然  車内の照明がすべて点滅した  という

 

 

経験がある方もいらっしゃるんではないでしょうか?

 

これは

 

 

電気の残量が少なくなってますよ という

 

 

警告なんです

 

充電をせずに、この状態のまま電気を使用し続けると

照明や冷蔵庫など、メインスイッチを入れなければ使えないものに関しては

バッテリープロテクターが作動して使用できなくなります

 

ところが

 

 

FFヒーター、インバーター、ガス警報器 に関しては

 

 

バッテリープロテクターを通していないため、自動的には止まりません

そのため消し忘れているとジリジリ電気を使い続け、久しぶりに旅行に出ようとしたら

バッテリーが空っぽになっていた…ということが起こります

特に長期間キャンピングカーに乗る予定がない、という場合は

消し忘れがないかご確認ください

 

とはいえきちんとスイッチを切っていても、電気というのは自然放電されるもの

冬場はあまりキャンピングカーに乗らないという方は

 

 

サブバッテリーのマイナスのターミナル(黒い方)を外していただくか、

 

 

月に一度、サブバッテリーの数✕1日(バッテリーが3つなら3日間)外部コンセントを

 

 

接続したまま充電 してください

 

 

余談ですが、オートキャンプ場など電源が取れる場所に

何泊もする場合、

 

 

外部コンセントを接続したまま車内で電気を使用し続ける のは

 

 

バッテリーにあまり良くありません(携帯電話などと同じですね)

満充電になりましたら一度外部コンセントを外してくださいね

 

 

 

 

 

最後に下回りのお話です

 

 

北海道など寒冷地では、冬場道路に  融雪剤  をたくさん撒きます

 

 

特に高速道路では濃度が高いようですが、この融雪剤が下回りの

 

 

フレームやマフラーなどに付着したままだと  サビの原因  になります

 

 

冬道を走行後はなるべく洗車機などで下回りを洗浄してあげてください

 

 

合わせて下回りを コーティング剤で塗装 していただくと錆びにくくなります

 

 

お使いいただくコーティング剤によって耐久年数が違いますのでご確認ください

もちろん北海道店でも請け負っておりますので、ご希望の方はご連絡くださいね

 

 

 

ちなみにボディはFRP製なので本来サビの心配はないのですが、

走行中に鉄粉が付着することがあり(特に高速道路走行後)、

付着した鉄粉を放置していると、その鉄粉がサビてボディに固着し

落ちにくくなることがあります

こうなってしまうとちょっと擦ったくらいでは簡単に落ちませんので

そうなる前に、マメに洗車することをオススメいたします

 

 

 

さて、これにて冬の準備のご案内はおしまいですlaugh

本格的な冬が来る前にこちらのブログを参考に

準備を進めてみてください

わからないことがございましたら

お気軽にご連絡ください

よろしくお願い致します

 

 

 

 

北海道店公式ラインアカウントです

登録していただきますとブログやYoutubeの更新情報を受け取ったり

キャンピングカーの質問できたり、見積もりをもらえたりと何かと便利です

お友達登録はこちら

↓↓↓

友だち追加

 

冬の準備を始めましょう Vol.6

皆様こんにちは

バンテック北海道の松本です

 

11月に入ってから寒い日が増えてきましたねlaugh

天気予報ではそろそろ最高気温も一桁止まり、という日も出てくるようですcheeky

というわけで今回は寒い季節には欠かせない

 

 

FFヒーター の

 

 

ご案内をしたいと思います

(内容は昨年の再掲載になります)

 

 

皆さま 軽油 の入れ替えはお済みでしょうか?

 

 

北海道など寒冷地ではディーゼル四駆のキャンピングカーに

お乗りのお客様が多いと思うのですが、

通常夏に販売されている軽油では厳寒期になると

 

 

配管の途中で凍って

 

 

きちんと着火しない場合がございます

 

 

あれ?そんなの気にしたことなかった…という方、

実は11月頃にはガソリンスタンドで販売されている軽油が

 

 

冬用に切り替わっている  ので、その時期に給油されますと

 

 

燃焼とともに軽油が入れ替えられているんです

 

 

 

そこで冬用軽油を給油されましたら、FFヒーターを全開にして

 

 

1時間ほど燃焼させてください

 

 

これで配管の中に残っていた夏用の軽油が冬用に入れ替えられます

 

 

 

また、これからの季節は稀に 車外の排気管に氷や雪の塊が付着 し

 

 

着火できないことがあります

その場合は雪や氷を落として再度着火してみてください

 

 

余談ですが、バンテックで採用しているベバスト社のヒーターをご使用の際は

 

 

基本的に 着火は全開で行ってください

 

 

また、 温度調節は半分より強い範囲で 行い、 

 

 

 

それでも暑い場合は一旦ヒーターを停止させてください

いつも弱で使用しているとカーボンが溜まったり、

電気の使用量が増えたりします

 

 

 

更に脱線しますが、本体の 吸気口にホコリが詰まる と

 

 

着火不良を起こしたり、自動的に燃焼がストップしたりすることがあります

特にペットと一緒にご旅行される方は、抜けた毛が吸い込まれ

短期間で不調を起こすことがあります

 

 

じゃあホコリを吸い込まないように吸気口にネットを被せておこう!

と思った方、残念ながら今度はネットが空気の流入量を減らして

かえって異常燃焼の原因になってしまいます

 

 

時々でいいので本体の 点検と清掃 をお願い致します

 

 

(本体はサードシート下に収納されていることが多いですが

車種によって異なるので説明書をご確認ください)

 

最後に家庭用エアコンが設置されているお車で

エアコンに暖房機能が付いているものがあると思いますが、

 

 

暖房機能はご使用にならないでください

 

 

エアコンの暖房は消費電力が非常に大きく、

 

 

急激にサブバッテリーの残量を減らしてしまいます

 

 

さらに、ご家庭に設置されているエアコンと違って

常に通電されているわけではないので、急遽暖房を使用すると大きな負荷がかかり

 

 

故障の原因になります

 

 

FFヒーターは一エアコンと比べて消費電力が非常に少なく、

さらに一晩ご使用いただいても、燃料はおよそ2リットル程度と

とても低燃費です

というわけで冬の暖房にはぜひFFヒーターをお使いください

 

 

それでは次回はサブバッテリーと下回りのご案内を致しますので

ぜひ、ご覧ください

 

 

 

北海道店公式ラインアカウントです

登録していただきますとブログやYoutubeの更新情報を受け取ったり

キャンピングカーの質問できたり、見積もりをもらえたりと何かと便利です

お友達登録はこちら

↓↓↓

友だち追加

 

冬の準備を始めましょう Vol.5

皆様こんにちは

バンテック北海道の松本です

 

このところ冷たい雨の日が多いですが、風邪など引いていないですか?

もう11月に入ったので、この雨が急に雪に変わるかもしれないですねlaugh

皆様はタイヤ交換はお済みでしょうか

路面が凍る前に履き替えましょうね

 

というわけで今回は

 

 

排水タンクとスタッドレスタイヤ を

 

 

ご案内致します

(内容は昨年の再掲載になります)

 

 

 

 

バンテックのキャブコンには

 

 

車体下に大容量の排水タンク が

 

 

取り付けられています

ご旅行から帰ってきても清水タンクや生活用水タンクの

水は抜くけれど、そういえば排水タンクはそのままだったかも…

なんてお話を時々聞きます

 

室内で水をご使用になった後は、汚水も必ず抜いてください

そのままにしておくと匂いの原因になります

 

排水口の位置は車種によって異なりますので

車体の下を覗いてみてください

 

 

1、蓋を外す

 

車体下にある蓋を回し、外します

このとき排水口の下にバケツなどを置いてください

 

 

2、シャッターを開く

 

 

レバーを上の画像のように横に引くとシャッターが開き

タンク内の水が排出されます

厳寒期はレバーの取っ手部分(プラスチック)が

折れやすくなりますのでご注意ください

 

 

 

排水後は

 

 

必ずシャッターを閉じ、蓋も締めてください

 

 

開けたまま走行されますと

巻き上げた泥が内部に詰まり

開閉できなくなる可能性があります

 

これで排水タンクの水抜きは完了です

 

 

 

 

続いて タイヤ についてです

 

 

北海道などの寒冷地では春と秋に

タイヤ交換をされているかと思います

先日の雪の報道に慌てて履き替えられた方も多いのではないでしょうか。

 

でもそのタイヤ、本当に大丈夫な状態ですか?

 

キャンピングカーは一応スタッドレスに替えているけれど

冬はあんまり乗らないんだよね、という方

 

要注意ですよ

 

 

皆さんタイヤ交換をされるときにはタイヤの溝はよく見ていただいていると思います

 

でも ゴムの固さ って気にされていますか?

 

タイヤのゴムは製造から時間が経つと劣化して固くなります

溝が大丈夫だからと購入から何年も経ったタイヤを履き続けていると

柔軟性を失ってサイドに亀裂が入りバースト…なんていうことになりかねません

 

キャンピングカーは乗用車と比べて装備が重たく負荷がかかりやすいので

およそ3年を目安にタイヤの入れ替えをしてくださいね

 

 

あれ、うちのタイヤっていつのだったっけ?という方は

タイヤのこの面を見てください

 

ここに載っている4桁の数字ですが

 

後ろの二桁が製造年を、前の二桁が製造週を 表しています

 

 

上の画像のタイヤだと2020年の14週、つまり3月末〜4月頭頃に

かけて作られたタイヤだということがわかります

 

 

また、タイヤ交換をされた後、100km程度走行したら

ナットが緩んでいないか点検をしてください

ご自分で交換された時はもちろん、スタンドや工場に依頼して

タイヤ交換をしてもらった場合にも、

稀に緩むことがありますので、増し締めをお願いします

 

 

さて次回はFFヒーターについてご案内致します

ぜひご覧ください

 

 

北海道店公式ラインアカウントです

登録していただきますとブログやYoutubeの更新情報を受け取ったり

キャンピングカーの質問できたり、見積もりをもらえたりと何かと便利です

お友達登録はこちら

↓↓↓

友だち追加

 

 

冬の準備を始めましょう Vol.4

皆さんこんにちは

バンテック北海道の松本です

 

10月ももう今日明日で終わりですね

今年も残すところ2ヶ月ということで

一年があっという間です

時が過ぎるのが年々早くなっているような気がします

うかうかしているとすぐに冬が来てしまいそうですねlaugh

 

さて、そんな冬の準備、第4回目は

 

 

カセットトイレの水抜き  を

 

 

ご案内いたしますbroken heart

(内容は昨年の再掲載になります)

 

カセットトイレは年式や車種によっても

取り付けられているトイレが違うので

今回は主に現行モデルに取り付けられている

トイレの水抜き方法をお伝えします

 

 

1、浄水タンクを空にする

 

まずは浄水タンクに残っている水を排出します

と言っても排水口などが別途設置されているわけでは

ありませんので、通常使用するときのように

 

 

トイレのスイッチを押して水を流し

 

 

トイレの中へ水を貯め、 汚物タンクへ流して ください

 

 

スイッチを押しても水が出なくなったらOKです

 

 

 

2、 水抜き栓を開く

 

次にアクセスドア(汚物タンクを取り出す用の扉)を開きます

 

 

現行モデルのZILやZIL520の場合は右上にリング付きの水抜き栓が

あるかと思います

(下画像のライトが当たっているあたり)

 

 

こちらの水抜き栓を抜くと配管に残った水が出ますので

 

下にバケツなどを置いて、水を受けてください

 

この時扉の上の給水口を開くと空気が入り

より簡単に水を抜くことが出来ます

 

 

一旦水が止まっても、 画像上部のパッキングの

 

ゴムを触ると水が出てくる場合があります

 

 

何度も念入りにゴムを動かして水を抜いてください

水が出なくなったら完了です

 

 

また、こちらの水抜き栓はネジを締める際、

 

 

上に押し付けるように力を入れて締めてください

 

 

パッキングによりそのまま締めると空回りする場合があります

 

 

次にZIL Nobleやオプションで取り付けられているトイレの場合です

浄水タンクの水を汚物タンクへ流すところまでは一緒ですが

アクセスドアを開けるとこちらのタイプになっております

 

 

こちらのタイプは先程のネジ式の水抜き栓の代わりに

黒いゴム管があります

 

 

画像上部のゴム管を外し、栓を抜きます

 

勢いよく水が出ますのでご注意ください

 

 

水が出なくなったら完了です

 

 

水抜き後、冬季間にトイレを使われる場合は

 

水の代わりに  ウィンドウォッシャー液を入れてください

 

(水で薄めずそのままお使いください)

 

洗浄液としてお使いいただけます

 

 

ただし粘性が強いので  不凍液はお使いにならないよう

 

 

お願い致します

 

 

次回は排水タンクやスタッドレスタイヤのお話です

よろしくお願いいたします

 

 

 

北海道店公式ラインアカウントです

登録していただきますとブログやYoutubeの更新情報を受け取ったり

キャンピングカーの質問できたり、見積もりをもらえたりと何かと便利です

お友達登録はこちら

↓↓↓

友だち追加

冬の準備を始めましょう Vol.3

皆さんこんにちは

バンテック北海道の松本です

 

さて今回も引き続き冬の準備をご案内をしていきます

(内容は昨年の再掲載になります)

 

第3回目は

 

 

温水ボイラーの水抜き  を

 

 

ご案内いたします

 

前回生活用水タンクの水抜きを行いましたが、

ボイラーの水抜きはそのまま続けて行ってください

ボイラーの設置場所は車種によって違いますので

説明書でご確認ください

 


 

 

1、スイッチを切る

 

もうすっかりおなじみになりました、スイッチを切る工程です

前回の流れで作業していただいていれば、

ポンプスイッチ(もしくはメインスイッチ)を切っていただいている

状態になっていると思いますが、今回はそれに加えて

 

ボイラーのスイッチが切れている ことをご確認ください

 

また、前回開いた蛇口はそのまま開けた状態にしておいてください

 

 

 

2、レバーを立てる

次に圧力安全弁を開きますが、このときボイラー内の水温が高いと

火傷してしまう可能性がありますので、なるべく

 

走行直後やボイラー使用直後は避けてください

 

圧力安全弁はレバーは通常下を向いておりますので

下画像のように立てる(まっすぐの状態にする)と開きます

 

 

 

 

3、ノブを回す

 

 

見えづらいですが中央の銀色のものがドレン用のノブです

こちらを回して開きます

レバーとノブを開くとボイラーの下側から水が排出されます

こちらもレバーとノブを開いた状態のまま走行していただきますと

配管に残った水が排出されます

 

 

最後に生活用水タンク、温水ボイラーはある程度の距離を

 

 

走行した後、ノブやコック、蛇口等を

 

元の状態へ戻しておいてください

 

 

閉め忘れると春先に水を入れた時、そのまま排水されてしまいますので

お気をつけください

 

 

次回はカセットトイレの冬季準備をご案内しますbroken heart

次回もよろしくお願いいします

 

 

北海道店公式ラインアカウントです

お友達登録はこちら

↓↓↓

友だち追加

冬の準備を始めましょう Vol.2

皆様こんにちは

バンテック北海道の松本です

 

北海道店は先日の雪の影響で

例年より早くタイヤ交換のラッシュが来ています

今年は早くも秋が終わってしまいそうですが、

寒くなるのはもうちょっと先でいいですよね

 

 

さて、前回に引き続き 冬の準備 をご案内していきます

 

 

(内容は昨年の再掲載になります)

 

 

第2回は

 

 

生活用水タンクの水抜き  です

 

 

車種やオプションによっては

セカンドシートやサードシートの下などに

シンクやシャワーで使用する生活用水を貯める、

 

大容量のタンク が付いているかと思います

 

 

 

 

こちらの水抜きは前回の飲料水タンクに比べると手順が多いですが

一緒にやっていきましょう

 

 

1、ポンプのスイッチを切る

 

飲料水タンクと一緒ですが、やはりこちらも

ポンプが空回りして焼ききれてしまわないよう

ポンプのスイッチを確実に切ってください

車種によってはポンプスイッチが無いお車もあると思いますが、

その場合はメインスイッチを切ってください

 

 

2、蛇口を開く

 

シンクの蛇口(お湯が使える方)とシャワーと洗面台の蛇口を開きます

このときお車にボイラーが装備されている場合は、蛇口を

 

お湯と水の中間  くらいの位置で開いてください

 

※ボイラーが無い場合は全開でお願いします

 

キッチン

 

洗面台

 

シャワー

シャワーはホースに水が残っている場合がございますので

ホースを動かして排水してください

 

 

3、生活用水タンクの栓を抜く

 

次に生活用水タンクの中に残っている水を排出します

まずはタンク上部の白いフタを開けてください

(なかなか硬いと思いますが、水漏れ防止の為ですのでご了承ください

 

タンクの中に手を入れると奥の方にお風呂のような栓があるので

これを引き抜きますと水が排出されます

タンクのフタは閉じても構いませんが、栓は外したままにしておいてください

 

 

なお、フタや栓の周りには食用グリスが塗ってありますが

 

ベタベタするからといって拭き取らないでください

 

水漏れの原因になります

※排水バルブを取り付けされている車両はこの工程の代わりに

バルブを開いて排水してください

 

 

4、コックを開く

 

最後に配管に残った水を抜くため、コックを開きます

コックはタンクの上部に1つと

 

 

 

見えにくいですがタンク側面の下部に1つあります

 

 

このコックは閉まっている状態だと90度曲がっている状態なので

(Tの字になっているので通常のTで覚えると覚えやすいです)

配管と並行の向きに動かします

 

 

2つとも開きましたら、

 

そのままの状態で走行 してください

 

走行の振動で配管に残った水が排出されます

 

これで生活用水タンクの水抜きは完了…

と言いたいところなんですが、ボイラーがある

お車は引き続きボイラーの水抜きをお願いいたします

 

というわけで次回はボイラーの水抜きをご案内いたします

ぜひご覧ください

 

 

北海道店公式ラインアカウントです

お友達登録はこちら

↓↓↓

友だち追加

冬の準備を始めましょう Vol.1

皆様こんにちは

バンテック北海道の松本です

 

最近急激に気温が下がりましたね

昨日の雪のニュースに驚いた方も多いと思いますlaugh

なんだか今年は冬の訪れが早そうです…

 

北海道をはじめ、寒冷地では気温の低下に伴って様々な現象が起きます

キャンピングカーは冬に向けてしっかり準備をしておかないと、故障に繋がります

 

 

というわけで昨年好評だった 冬の準備 を今回から数回に渡ってご案内しますsad

 

(内容は昨年の再掲載になります)

 

 

まず第1回目は

 

 

飲料水タンクの水抜き  です

 

 

 

キャンピングカーには必ずついている飲料水タンクですが、

こちらもしっかり水抜きをしておかないと故障の原因になります

簡単ですので一緒にやっていきましょう

 

 

1、ポンプのスイッチを切る

 

まずはポンプが空回りして焼ききれてしまわないよう

ポンプのスイッチを確実に切ってください

車種によってはポンプスイッチが無いお車もあると思いますが、

その場合はメインスイッチを切ってください

 

 

2、蛇口を開く

 

シンク内の蛇口を全開にしてください

蛇口が2つある場合はお湯が出ない方(小さい方)の

蛇口が飲料水タンク用になります

 

 

3、ポンプの水抜き

 

続いてタンクの中に入っているポンプの水を抜きます

20L前後のポリタンクが後部のバゲッジや

キッチンの下やその周辺に入っているかと思います

 

 

タンクの蓋を開いてポンプを取り出してください

配線がカプラーでつながっているタイプは

カプラーを外すと蓋を開けやすく、

万が一ポンプのスイッチが入ってしまった場合も

ポンプが空回りしないので安心です

 

 

タンクに水が残っていた場合は中身を捨ててください

取り出したポンプはよく振って、

水が出なくなるまで続けてください

 

 

これにて飲料水タンクの水抜きは完了です

 

余談ですが春先再び水を使おうとするとポンプが回らない

ということがよく起こります

これはポンプを空回りさせてしまって

焼ききれてしまったり、ヒューズを飛ばしていたりする以外に

 

 

水垢や石灰成分でポンプの スクリューが固着 していることがあります

 

 

 

ポンプが膨らんでいなかったりヒューズが切れていなければ、

 

 

まずは先の尖ったもので スクリューをクルクル 回してみてくださいcheeky

 

 

それだけでウィーンとポンプが復活することがありますよ

 

 

 

次回は生活用水用タンクの水抜きをご案内します

ぜひ読んでみてくださいね

 

 

 

北海道店公式ラインアカウントです

お友達登録はこちら

↓↓↓

友だち追加

上嶋自動車大感謝祭 本日最終日!

皆さまこんにちは

 

 

現在 帯広の上嶋自動車 にて開催中のイベント

 

 

大感謝祭 ですが

 

 

本日最終日です!

 

お近くの方はぜひお立ち寄りください

バンテックからは

 

 

ZIL Noble を出展していますよ

 

 

お待ちしております

 

 

場所

 

モーターショップカミシマ

 

〒080-0022

 

帯広市西12条南1丁目

 

TEL 0155-36-1136

 

 

本日17:00までです!

 

北海道そば巡り合い旅

みなさまこんにちは

 

本日TV北海道にて20時から放送予定の

 

 

北海道そば巡り合い旅 感動!新そば篇 に

 

 

バンテックのZIL520が登場します

 

 

岩内市出身の 池森秀一さん(DEEN) と 

 

 

札幌市出身の 瀧原光さん(NORD) が

 

 

新そばを求めて北海道のそば処を旅します

 

 

その度のお供になっているのが ZIL520 です

 

 

お時間がある方はぜひぜひご覧ください

 

 

今回は VANTECHのCM も流れる予定です

 

 

https://www.tv-hokkaido.co.jp/special/doyou_ryokan/

 

上嶋自動車大感謝祭

皆様こんにちは

 

バンテックのサービススポットにもなっている

 

 

帯広の上嶋自動車  では明日と明後日の2日間、

 

 

 

秋の大感謝祭  を開催致します

 

 

 

日時

 

10/9(土) 〜 10/10(日)

 

9:00〜17:00

 

 

 

場所

 

モーターショップカミシマ

 

〒080-0022

 

帯広市西12条南1丁目

 

TEL 0155-36-1136

 

 

 

今年はなんと 上嶋自動車55周年

 

 

 

タイムセール や 特選車 等お得な内容が盛りだくさん

 

 

さらにご成約いただいたお客様には お米30kgのプレゼント もあるようです

 

 

 

 

もちろんバンテックからも出展予定

 

 

今年はご夫婦お二人での旅にピッタリなダブルベッド仕様のキャンピングカー

 

 

ZIL Noble を展示しております

 

 

お近くの方はぜひお立ち寄りください

 

 

 

 

 

北海道店公式ラインアカウントです

登録していただきますとブログやYoutubeの更新情報を受け取ったり

キャンピングカーの質問できたり、見積もりをもらえたりと何かと便利です

お友達登録はこちら

↓↓↓

友だち追加