大阪キャンピングカーショー2024

皆様こんばんは~塚本です。

 

今週末は名古屋でキャンピングカーショーが開催中ですが

 

来月は大阪でもキャンピングカーショーが開催されますよ〜😁

 

 

 

 

 

 

開催日は3月9日(土)&10日(日)の2日間

 

開催場所はインテックス大阪です。(1号館・2号館・3号館)

 

バンテックからの出展は7台の予定です。

 

 

 

ジル520

ジル

ジルノーブル

コルドバンクス

コルドリーブス

ルネッタ

アストラーレCC1

 

 

 

もちろんカムロードベースのキャブコンは、2024モデルを展示します。

 

是非大阪キャンピングカーショー2024へお越し下さい。😊

 

 

 

◉バンテック京都LINEお友だち募集中〜🐱

友だち追加

ディスプレイオーディオはじめました~

皆様こんばんは~塚本です。

 

バンテック京都でディスプレイオーディオ取り扱いを開始します。

 

 

 

 

 

 

カーナビと違い、単体でのナビ機能は有りませんが、スマホと連携が出来ますので、

 

スマホのナビアプリでカーナビとして使用が可能です。

 

 

 

 

 

 

iPhoneとアンドロイドスマホ両方に対応していますので、

 

お手持ちのスマホが接続可能です。

※機種により対応していない場合が有ります。

 

スマホ単体でナビアプリを使うよりも、車速信号がアプリに反映しますので、

 

より精度が高いナビゲーションが可能になります。

※アプリ側の仕様により車速信号対応不可の場合有り。

 

スマホのナビアプリですが、無料で使えるグーグルマップ等も有りますが、

 

カロッツェリアから有料(一部機能は無料)の地図アプリも出ています。

 

 

 

 

 

 

カロッツェリアカーナビアプリの『 COCCHi 』です。

※全ての機能を利用するには月額350円必要

 

通常のカーナビゲーションと違い、常に最新の地図データとなり、

 

グーグルマップとの検索連携等も出来て便利なアプリです。

 

 

 

 

 

 

普段からスマホでいろいろ検索する方には使い勝手が良さそうです。

 

また、WebLinkという機能にも対応しておりますので、(国内初対応)

 

対応アプリであれば、画面上でアプリ操作が可能です。

 

 

 

 

 

 

ただし、いいことばかりでも有りません。

 

ディスプレイオーディオにはディスク再生機能やTV受信機能が有りません。

 

音楽はラジオまたは、スマホの音楽アプリ等の利用が必要です。

 

なのでディスプレイオーディオを選ぶ方は

 

・普段からTVよりYoutubeやサブスク動画を見ている

 

・スマホでカーナビをしている

 

・スマホなどのデジタル機器が得意

 

上記のような方がおすすめです。

 

また、車載用Wi-Fiルーターとの組み合わせも良いかも知れません。

 

 

 

 

 

 

キャンピングカー購入時に、ナビやTV受信を選ばない選択肢も有りかと思います。

 

それぞれのキャンピングカーライフに合ったものを選んで頂けるように、

 

カーナビに加えディスプレイオーディオもご用意させて頂きましたので、

 

是非キャンピングカーご購入時にご相談下さい。😊

 

 

 

◉バンテック京都LINEお友だち募集中〜

友だち追加

2024モデル『 ZIL 』入庫!&即納車のご案内♪

皆様こんばんは〜塚本です。

 

展示車2024モデルジルが入庫しました❗

 

 

 

 

 

 

現在バンテック京都にはコルドリーブス、コルドバンクス

 

そして新たに入庫したジルの計3台の2024モデルが有ります。

 

主な変更点ですが

 

 

 

アクリルウィンドウ変更

ボディストライプ色変更(一部)

 

 

 

エントランスドア変更

バゲージドアロック変更

 

 

 

バックカメラ追加

 

 

 

ラップル(ラップ式トイレ)標準 などです。

 

 

実車を見たかったよ〜という方お待たせしました

 

是非店頭で変更点をご確認下さい。😊

 

 

そして2024モデルが入庫しましたので・・・

 

2023モデル展示車ジルを即納車で販売致します❗

 

 

 

ジル 4WD 寒冷地仕様 ILiS搭載車

 

車内を画像クリックで見れます。

 

 

 

人気のILiS搭載車で480Wソーラーも装着済みの車両です。

 

広々したリビングが魅力のジルが、今なら即納車有りますよ〜😊

 

※展示アップ車販売に関してのご案内

ご購入後のメンテナンスを京都店でお受け頂ける方限定となります。

遠方地域の販売は致しかねますのでご了承お願い致します。

 

 

気になる方はバンテック京都公式LINEよりお問い合わせ下さい。

友だち追加

 

くるまの防災ハンドブック パート2

皆様こんばんは〜塚本です。

 

以前も一度ご紹介したくるまの防災ハンドブックですが、

 

 

 

 

 

 

新しい冊子が新たに発行されました。

 

 

 

 

 

 

先日の能登半島地震の復興支援の様子や

 

車中泊非難の注意点や都道府県ごとの防災WEBサイト情報など

 

いざという時に役立つ情報などが掲載されています。

 

 

 

 

 

 

もちろん災害が無く、この冊子を使わなくて良いのが一番なのですが・・・

 

もしもの時に役立つ情報も有りますので、是非一冊いかがでしょうか?(無料です)

 

 

 

◉バンテック京都LINEお友だち募集中〜

友だち追加

やっぱりマキタは頼りになる!

皆様こんばんは〜塚本です。

 

本日は男子が大好きなメーカー「マキタ」のアイテムをご紹介です。😊

 

 

 

 

 

 

ご紹介するのはマキタ製充電式空気入れです‼

 

充電式ですのでコードレスでタイヤの空気を手軽に補充出来ます。

 

今回は大きいのと小さいの2種類、メーカーよりサンプルを借りてみました。

 

 

 

 

 

 

大きさ以外の違いですが、最大まで入れれる空気圧の差や、充填速度の違いと、

 

大きい方は減圧ボタン(空気抜くボタン)が付いています。

 

スペック的には小さい方のモデルで問題が無いと思います。

 

 

 

 

 

 

カムロードのリアタイヤですが、エアバルブが2箇所有ります。(画像赤丸)

 

 

 

 

 

 

外側のタイヤのエアバルブは内向きなので、空気が入れれない空気入れも有ります。

 

 

 

 

 

 

そこで専用のエアチャックを用意する事で、問題なく空気入れが可能になりますよ〜

 

 

 

 

 

 

これが有れば内向きのエアバルブも簡単に空気補充が出来ます。😊

 

 

 

 

 

 

充電式空気入れの操作ですが、指定の空有気圧に設定してノブを握ります。

 

 

 

 

 

 

電動タイプなので握っているだけで空気補充出来るので簡単です。

 

今回はそれぞれの充電速度もテストしてみました。

 

テスト方法ですが、空気圧550kPaから600kPaへの充填速度を計測します。

 

 

 

 

 

 

まずは小さい方でテストすると、約57秒

 

 

 

 

 

 

大きい方でのテストは約35秒となりました。

 

大きい方がやはりパワーが有りますので、スピードは早いですね〜

 

ただ小さい方でも実用上十分な性能かと思います。

 

 

 

 

 

 

この充電式空気入れが有ればご自宅でも気軽に空気圧チェックが可能です。

 

ご自宅でのチェックですので、走行前のタイヤが冷えた状態でチェックが可能なので、

 

しっかりと適正な空気圧に設定が出来ますね。😊

※走行後は熱でタイヤ内の空気圧が上昇しています。

 

充電式空気入れですが、バンテック京都でも近日中に販売開始しますので、

 

是非Wタイヤのカムロード乗りの皆様いかがでしょうか?

 

 

 

◉バンテック京都LINEお友だち募集中〜

友だち追加

ジャパンキャンピングカーショー2024

皆様こんばんは〜塚本です。

 

ジャパンキャンピングカーショー2024の開催風景をご紹介致します。😊

 

今年も千葉県幕張メッセで開催された日本最大級のイベントです。

 

今回はバンテック・タウンという事で、日常にキャンピングカーが当たり前に

 

存在する世界をイメージしたブースとなっておりました。

 

 

 

 

 

 

また今回は部品展示や部品販売のパーツセンターを同ブースにて出展となりました。

 

実際に各商品を装着した展示車で、使用方法の提案も行っております。

 

 

 

 

 

 

そしてこの時期に合わせて新商品を発表されてたりもします。

 

 

 

人気のラップ式トイレのコンパクトバージョンTYPEーC

 

 

 

キャブコン用ボディーカバー

 

 

そして・・・

 

ステール製メッキホイール

 

アルミホイール(オプションでメッキも有り)

 

 

Wタイヤカムロード用ホイールも新商品が出ております❗

 

バンテック・タウンの全貌は写真だけでは伝わりにくいので(広過ぎで😅)

 

ブース内の動画をアップしますのでそちらをご覧下さい。😊

 

 

 

◉バンテック・タウン ブース内紹介動画

 

 

 

 

ジャパンキャンピングカーショー2024の次は名古屋大阪です‼

※各イベント詳細は画像をクリック

 

 

 

 

 

 

 

◉バンテック京都LINEお友だち募集中〜🍎

友だち追加

バンテック新カタログ到着!

皆様こんばんは〜塚本です。

 

バンテック2024新カタログが店舗に届きました❗

 

 

 

 

 

 

今までの黒い横長タイプから、白の縦長タイプに変更です。

 

新しいカタログの表紙を見てみると。。。

 

 

 

 

 

 

バンテック・カタログマガジンと記載されております。

 

今回のカタログではより情報が増えて、読み応えが有る内容になりました。

 

 

 

 

 

 

バンテック車の品質や機能解説の他歴史などなど

 

1冊の本としても読んで頂けるかと思います。😊

 

 

 

 

 

 

各車両の装備等もよりわかりやすくなっておりますので、

 

車種選びがよりしやすくなっていると思いますよ〜😁

 

 

 

◉バンテック京都LINEお友だち募集中〜

友だち追加

2024モデルのアクリルウィンドウ

皆様こんばんは〜塚本です。

 

本日は2024モデルのアクリルウィンドウをご紹介致します。😊

 

 

 

 

 

 

2024モデルに採用されているアクリルウィンドウですが、

 

窓枠が黒くなってスタイリッシュになりました。

 

車両全体で見てみると・・・

 

 

 

↑2024モデル

 

↑2023モデル

 

 

 

車体からの窓枠飛び出しも少なくなっていてスッキリ感が有ります。

 

次はそれぞれの車内からの見た感じをご紹介致します。

 

 

 

↑2024モデル

 

↑2023モデル

 

 

 

2024モデルは窓内張りが丸っこい感じになりました。

 

スモークも濃い目になりましたが、中からは外の景色がよく見えます。😊

 

 

 

2024モデル変更点で使い勝手が良くなったのが窓ロックです。

 

 

 

↑2024モデル

 

↑2023モデル

 

 

 

2023モデル迄はロックを開ける時に、丸いボタンを押す必要が有りましたが、

 

2024モデルはそのままクルッと回せます。

 

 

 

そして窓開閉時に開き過ぎないようにするワイヤーも無くなりました。

 

 

 

↑2024モデル

 

↑2023モデル

 

 

 

2023モデルはワイヤーで窓が開く角度を制御していましたが、

 

2024モデルは窓アーム自体にそういう機構が組み込まれました。

 

これにより窓を開けすぎてワイヤーが切れるという事が無くなります。

 

 

 

もちろん2024モデルの窓もシェードと網戸は装備されております。

 

 

 

↑2024モデル

 

↑2023モデル

 

 

 

2024モデルはジャバラ式に変更となりました。

 

ここは好みにもよりますが、2023モデルの方がスッキリ感は有ります。

 

 

 

窓の開き方は2024も2023も押し開き式となります。

 

 

 

↑2024モデル

 

↑2023モデル

 

 

 

窓の開き具合(角度)は窓アームの構造上2023の方が開きました。

 

 

最後に2024モデルになって濃くなったスモークがどれくらいかチェックしてみます。

 

濃さチェックはミニイリスマンにご協力を頂きます。

 

 

 

 

 

 

ミニイリスマンにアクリル窓の内側に立ってもらい、

 

どれくらい見えるかチェックをしてみます。

 

まずは2024モデルの窓

 

 

 

 

 

 

全く見えません・・・😅

 

なんとなく映り込んだ電信棒のしたに居るような・・・

 

拡大してみると。。。👀

 

 

 

 

 

 

薄っすらとミニイリスマンが見えています。

 

次は2023モデルの窓の内側に立ってもらいます。

 

 

 

 

 

 

完全に居ますね・・・ミニイリスマンが・・・

 

 

 

 

 

 

2023モデルの窓からはミニイリスマンが見つめています。

 

2024モデルはスモークが濃くなり、プライバシー性は向上しております。

 

実際にどれ位の差が有るか、是非店頭の展示車で見比べて下さい❗

 

 

 

 

◉バンテック京都LINEお友だち募集中〜

友だち追加

2024モデルのバックカメラ👀

皆様こんばんは〜塚本です。

 

本日は2024モデルより追加になったバックカメラをご紹介です。

 

 

 

 

 

 

実は2024年5月から販売される全ての新車はバックカメラ等が義務化となります。

※2022年5月以降の新型車は既に義務化済み

 

カムロードも保安基準改正に合わせて、トヨタ純正カメラが装着となりました。

 

 

 

 

 

 

バンパー部分に装着されているのがトヨタ純正バックカメラとなり、

 

バンテックにてこの場所へインストールしています。

 

従来のバンテック取付バンテックも勿論装着されていますので、

 

 

 

 

 

 

後方確認用のバックカメラは合計2個となります。

 

車内での確認用モニターはルームミラーとダッシュボード上に設置となります。

 

 

 

↑バンパー部分カメラ(トヨタ純正)

 

 

↑上部カメラ(バンテック取付)

 

 

 

今までのカメラ映像と合わせて、バンパー後ろの状況が確認しやすくなりました。

 

 

 

 

 

 

ルームミラーのカメラですが、映像内に赤いラインが表示されており、

 

こちらの赤いラインである程度後方の障害物との距離が分かります。

 

 

 

 

 

 

駐車場の黄色線に合うようにしてみた状態で確認をすると、

 

リアラダーの一番出ている所よりは少し後ろに赤ラインが来ます。

 

この表示である程度バック時にどこまで下がれるか確認が出来ます。

 

 

 

 

 

 

どの程度カメラに映るのか?三角コーンを置いて見てみました。

 

 

 

↑バンパー部分カメラ(トヨタ純正)

 

 

↑上部カメラ(バンテック取付)

 

 

 

それぞれ下からと上からでしっかりと広範囲を映すことが出来ています。😆

 

 

 

 

 

 

バックカメラが追加となり、より安全性がました2024モデル!

 

是非バンテック京都にてご覧下さい。😊

 

 

 

◉バンテック京都LINEお友だち募集中〜

友だち追加

VANTECH山形工場にてキャンピングカーが出来るまで

皆様こんばんは〜塚本です。

 

バンテックTVにてバンテック山形工場の動画がアップされました。

 

 

 

 

 

 

現在山形工場ではキャンピングカーをライン生産にて製造しています。

 

一定の時間でどんどん工程が進んでいくので、正確に早い納期で車両を作れます。

 

 

 

 

 

 

動画内では実際にラインの順番を順に追って製造風景を解説してますので、

 

是非キャンピングカーが出来るまでの流れをご覧下さい。😊

 

 

 

◉バンテック京都LINEお友だち募集中〜🦀

友だち追加